RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
桐島、部活やめるってよ
 
「桐島、部活やめるってよ」(12年 日本) 

桐島を見て以降、過去の映画体験がすっとんでしまった様に、 
連日桐島の事で頭がいっぱいです。 

最近映画みる度にそんな事言ってるから、信用がないですが、 
「桐島、部活やめるってよ」年間ベスト級です!!! 
(シネマハスラー年間ランキング2位と予想します) 

あらすじ 
バレー部のキャプテンでクラスの人気者の桐島が突然部活を止め学校にも来なくなる。 
桐島をトップにヒエラルキーを形成していた、クラスの上位グループは動揺し、 
ついには最下層グループである映画部にまで影響が及んでくる。 


野球部の男子、バレー部の男子、バトミントン部の女子、吹奏楽部の女子、 
部活やってないけどクラスの上位に位置するチャラめな男女 
そしてオタク系の童貞くさい男子 
登場人物達はみんな自分のクラスにもいたアイツ等です。 

オタクの男子はささいな仕草をクスクス笑われ、 
イケてる(でも思春期にしか良い目を見れなそうな)女子が 
なぜかバトミントン部のスポーツ女子とつるんでたり(このグループの友情が壊れるシーンが最高!) 
この作品はそういう男女共学のヒリヒリするような人間関係がとにかくリアルです。 

そんなだからこの話はとても他人事とは思えず、 
観てる側もクラスにいる(いた)ような感覚になってしまいます。 

ウチの相方は吹奏学部女子に感情移入しすぎて「あの娘は私」って言ってました。 

ボクはと言うと、運動オンチで体育の時間に女子の笑い者になった事もあるし、 
軽音部でマニアックなバンドのコピーとかをやってたし、 
映画部の連中が近いでしょうか。 

まぁでも、彼女いたし〜、体育でハブられる事もなかったし〜 
イケてるグループとメアド交換くらいはしたし〜(連絡した事はない。) 
彼らほど端っこな存在じゃなかったと思う…いや、思いたいです。 

っとこんな感じで青春時代の楽しかった事や、 
今思い出しても冷や汗が出てくるような自らの痛い行動・発言とかを掘り起こされます。 

高校生って進んでる奴と遅れてる奴の差が露骨なのに、 
【クラスメイト】なんてまとまりにされるから残酷、いや、人によっては地獄ですよね。 

あの映画館でクラスの女子と偶然会って、 
嬉しいけどソワソワなんとなく噛み合わない会話をしてしまって、 
次の日学校で顔を合わせて「おー」とかだけしか言えないあの感じとか…。もーー!! 

身に覚えがありすぎて…。 


唯一難点を挙げるとすれば、 
学校のヒーロー桐島ですが、あんな女と付き合ってる様じゃたかが知れるなっと。 

まぁそれも青春時代の恨み節っぽいですが…。 

ボク本当にこの【思春期にしかモテなそう】な奴が, 
男女共に大っ嫌いだったんだって、桐島見てて思い出しました。 

未だにこんな事言ってるとボクも「おまた〜」のアイツみたいです。 

「桐島、部活やめるってよ」予告編 


バラバラに見えた要素が全て屋上に向かって文字通り【昇り詰めていく】カタルシスたるや。 
こういうのがあるから映画ファンは止められないっすよ!! 

この映画ではワーグナーですが、そういえば同じく痛々しい青春映画の金字塔「青い春」も 
ミッシェルガンエレファント<ドロップ>に併せて屋上に駆け上がるシーンが最高だったなぁ。
author:ゆらめき in the air, category:cinema, 12:43
comments(0), -, -
おおかみこどもの雨と雪
 
「おおかみこどもの雨と雪」(12年 日本) 

昨日からこの家族の事ばかり考えていて、 
もう感情の処理がつかないです。 

細田作品ベスト…? 
いや、生涯ベストアニメ…。 
いやいや、生涯ベスト映画に選んでも良いかも。 

あらすじ 
アルバイトをしながら奨学金で郊外の大学に通う花(宮崎あおいちゃん!)は、 
周囲の生徒と違いマジメに授業を受ける男に興味を持ち、次第に親密になっていく。 
ある日彼は自分が狼男であることを打ち明け、彼女もそれを受け止め 
二人の間に二人の子どもが生まれる。 


花と狼男が親密になっていく都会の大学生時代はとても淡々と画かれるんですが、 
これが、開始10分で大泣きさせられてしまう「カールじいさん」同様、 
少ない描写でいちいち心打たれるんですねー。 

地味めな苦学生の花ちゃんが精一杯おしゃれして講堂で彼を待つ健気な感じとか 
バイト先がクリーニング屋なとことか、得意料理が串焼きなとことか、 
くぅー!!もうっ!花ちゃん大好きです! 

これは見てる間は魅力的でも見終わった後は意外と主人公の名前を覚えてなかった「サマーウォーズ」の弱点を克服した感じ。 
もうボクの中では花ちゃんは現実に存在する事になっています。 

他にも、田舎で自給自足を始める「トトロ」的なワクワク感とか、 
二人の子どもがやんちゃ盛りの幼児期はコミカルでとにかく楽しい! 
特に親子3人で雪遊びするシーンは見てる方までニコニコしちゃう多幸感に満ちています。 


その後、物語は二人が思春期を迎えてちょっとずつシリアスになって行きます。 

秀逸だと思ったのは、雪が同級生に「動物飼ってるの?」と言われて、 
相手は悪気が無いのに自分の臭いを気にして傷つく場面。 

こういう自意識の空振りって思春期にはままありますよね。 

【おおかみこども】なんて聞くとファンタジー作品のようですが、 
物語自体は結構普遍的な「子育て」と「自立」の話な訳です。 

だっておおかみとの混血じゃなくても、幼児はやんちゃでままならないし、 
思春期には他人との距離が測れなかったり 
ふとした一言で傷ついたり、不登校になったり学校以外に居場所を見つけたりするわけですから。 


「おおかみこどもの雨と雪」予告編 


それにしても台風で雪と男の子が学校に取り残される辺り、 
なんかちょっとエロチックな雰囲気があって、 
ドキドキしたなぁ。 
author:ゆらめき in the air, category:cinema, 14:26
comments(0), -, -
プレシャス
 
「プレシャス」(10年 アメリカ) 

1回目見た時はヒロインの強烈さからか、そこまでグッとこなかったんですが、 
彼女のルックスに耐性ができた今回は「生涯ベスト!」と言っても良いくらい感動しました!! 

特に、愛される事を知らずに育ったプレシャスが 
先生や仲間に囲まれてる時のモノローグ。 

読み書きを勉強中の彼女だから表現が拙いんですが、 
いちいち感動が込み上げてきます。 


あらすじ 
生活保護を不正受給する貧困家庭で、両親から虐待を受け 
まともに読み書きが出来ないまま育ち、妄想しか逃げ場が少女プレシャス。 
父親にレイプされ妊娠した事が発覚し高校を退学になるが、 
ドロップアウトした児童が通うフリースクールで信頼できる教師や本当の友達と出会い 
心が再生していく。 


「プレシャス」予告編 


あらすじにもある通り酷い父親ですが、 
映画内で存在が際立つのはむしろ母親の言葉の暴力です。 

無知無学な自分を棚上げして、 
「能無し」「ブタ」「勉強なんかしても無駄。生活保護もらってりゃいい。」 
など罵りまくります。 
(全部聞き取れないけど「fuck fuck」言いまくっていて、口汚さだけは伝わってくる。) 

そして終盤の告白シーンのおぞましさたるや。凄いですね。 

ここまででも酷いのに、独占欲と性欲に満ちた醜悪に自己愛を晒すんですから、 
「誰が私を気持ち良くしてくれるんだい?」って(笑) 

これは助演女優賞を受賞しないと悪印象が強すぎて割りに合わないですよね。 
author:ゆらめき in the air, category:cinema, 11:52
comments(0), -, -
ファミリーツリー
 
ファミリーツリー(12年 アメリカ) 


ボクが大好きな南の島が舞台の映画です。 

「ホノカアボーイ」=ハワイ 
「プール」=バリ島 
「マレーナ」「太陽がいっぱい」=シチリア島 

ほら! 
良い映画ばっかり!! 


あらすじ 
仕事一筋に生きてきたマット(ジョージクルーニー)。 
ある日、妻がジェットスキーの事故で危篤状態となり娘2人と暮すことになる。 
子育てを妻に任せきりだったマットは年頃の少女の扱いに戸惑い、ケンカする中で 
妻が浮気していた事を知らされる。 


さすが本作のジョージクルーニーはアカデミー主演男優ノミネートで、 
浮気を知らされて、真実を知っていそうな友人の家にドスドス走る姿はなんとも情けない事(笑) 

植物状態になってしまった妻の延命を断る。っと言う笑えない筋を 
軽妙に見せる所はさすがアレクサンダーペイン演出です。 


作画面では、ハワイなのにあんまり良い天気な日がなくて、 
でもそれがリアリティと言うか、「常夏の楽園」っつったってこんなもんだよ?的な。 

日本だと「アマルフィ」を筆頭に、海外の観光地で映画を撮影すると、 
ひたすら素敵な名所を撮り回る安っぽい観光映画になっちゃうんですけねー。 

あの土地の売買先を決める親戚会議も、 
数億が動く大事だろうに、アロハシャツ着てガーデンパーティー風ですからね(笑) 

やっぱハワイは良いところなんだろうな。 

「ファミリーツリー」予告編 
author:ゆらめき in the air, category:cinema, 12:41
comments(0), -, -
ホタルノヒカリ
 
「ホタルノヒカリ」(12年 日本) 

「のだめカンタービレ」と「けいおん」に続き、本編を全く知らずに急に劇場版を観るシリーズです。 

「のだめカンタービレ」の感想も90%くらい「上野樹里ちゃんが可愛い。」しか 
書いてないと思いますが、 

本作はそれ以上に「綾瀬はるかちゃんが可愛い」しか、 
感想がありません。 


あらすじ 
綾瀬はるかちゃんがローマで色々する。 


いやー。 
もう最高でしたね。 
彼女の出てないシーンのかったるさはハンパじゃなかったですが、 
心情的には5000円くらい払っても良いような、とてもハッピーな気分でした。 

「干物女」と言われる、かの有名なちょんまげにジャージ姿もズキュンバキュン来てましたが、 
ちゃんとしたOLの格好してる時もなんともまた…。 

あと最高だったのが、エンディングテーマを綾瀬はるかちゃんが歌ってやんの!! 
その歌のぬるま湯感と言ったら、 
多分【極楽】ってこんぐらいの湯加減だろうって湯加減なわけです。 



「ホタルノヒカリ」予告編 


それにしてもストーリーだけを思い返せば「なんじゃそりゃ??」な映画でしたね。 

同じく綾瀬はるかちゃん主演の「ボクの彼女はサイボーグ」って映画も、 
なんだかクラクラするようなお話でしたが…。 


ちなみに「ボクの彼女はサイボーグ」では、 
勢い良くベットに横たわる綾瀬はるかちゃんのゆれるおっぱいをあらゆる角度からスローで撮る。 
って言う、オタク監督の変態的にフェティッシュシーンがあって「ウホウホ」言ってたんですが、 

今作にもなんだかそういうシーンあります(笑) 

むふふふふ。 
author:ゆらめき in the air, category:cinema, 16:07
comments(0), -, -
あなたになら言える秘密のこと
「あなたになら言える秘密のこと」(05年 スペイン) 

(特に男には)なんとなく見る気を起こさせない邦題ですが、 
少なくとも予告編でも観れば、この作品が「ガール」とかと違う事は明白ですね(笑) 

っんだよ。「ガール」って。 
色々最悪だよ!多分。 


あらすじ 
人を深く係わり合いを持とうとしないハンナ(サラポーリー)。 
ふとしたきっかけで働く事になった海上の石油採掘施設で、 
温かくそしてそれぞれに痛みを抱えた人達と出会い 
閉ざしていた心を開き、過去を語りだす。 


この過去の話って言うのは、彼女が体験したクロアチアの内戦の話なんですけど、 
思ったよりハードで、 
【民族浄化】って言う、近代史の中でもちょっと目を引く残酷な戦争犯罪の実話です。 

詳しくはコチラhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E6%97%8F%E6%B5%84%E5%8C%96 


まぁそれはそれとして、ボクがこの映画が好きなのは、 
なんか荒涼として美しい所です。 

まず、【海上に浮かぶ石油採掘施設】って舞台立てが良くって、 
世界に取り残された感じのなんとも物悲しい。 

そこには6人くらいの人しかいなくて、 
気の優しい料理係がいたり、貝殻オタクがいたり、 
密かに愛し合うゲイのカップルがいたり、アヒルがいたり 
甲板とかリアルで汚いんですけど、とってもファンタジックなんです。 

会話のシーンではほとんど音がない静かな映画なんですけど、 
かかる音楽はどれも気が利いていてシャレています。 

とくに大好きなのが、Antony and the Johnsons「Hope There's Someone」 
がかかる雨のシーン。 

各人それぞれの部屋が映し出されて、 
ゲイのカップルとかキスしてるんですけどなんとも美しいシーンなんです。 


「あなたになら言える秘密のこと」 


ラストは「えっ!?マジで??」って感じですけど(笑) 

じゃ、あのシェフとのロマンチックなブランコのシーンなんだったんだよ!! 
author:ゆらめき in the air, category:cinema, 16:04
comments(0), -, -